「第69 回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

青空と夕焼け、虹、花火、ステンドグラス、絵の具、写真、スマホやPCのディスプレイ、太陽電池、LED、光触媒・・・我々の身の回りは、数限りない光に関連する現象や技術で溢れています。光のことをよく知り、
上手に扱うことができれば、我々の生活は、より豊かなものになるのではないでしょうか。
今回は、微粒子を使って色と光とエネルギーを自在に操るための最新の技術に迫ります!

 【講師】

高橋 幸奈 准教授 

【講師プロフィール】

愛知県岡崎市出身。中学生の頃に化学者になりたいと思い立ち、 高校生の頃は地元の分子研などの一般公開に通って思いを育む。 東京大学工学部応用化学科、同大学院工学系研究科応用化学専攻にて、光触媒などの研究を行い、同生産技術研究所特任助教、 九州大学大学院工学研究院応用化学部門助教、現職では光機能性無機ナノ粒子などの研究に取り組む。他人の評価や自分自身 の思い込みで可能性を制限せずに、自分軸でおもしろい!と感じる気持ちに忠実に生きることを目指していたら、多趣味な変人と評される現在に至る。  

【日時】

令和元年9月6日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

「第68 回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

星のかけら・・・と聞くと隕石を想像する方が多いのではないでしょうか。地表まで到達する隕石は10年に1度あるかないかです。しかし、実は我々の住む大地には隕石よりももっともっと小さな星のかけらが毎日大量に届いています。それは「宇宙線」と呼ばれ、レントゲン写真に使われるX線よりはるかに透過力が高く、巨大な構造物をも透視することができます。ピラミッドの内部はどのような構造になっているのか。火山が噴火するとき内部では何が起きているのか。今回は、星のカケラによって視る世界の一端をご紹介します!

【講師】

金 政浩 准教授 

【講師プロフィール】   

九州大学大学院工学府で学位を修めた後、日本原子力研究開発機構で博士研究員として大型放射線検出器開発に関わる。九州大学大学院総合理工学府に着任してからは、もっぱら放射線計測学の分野で研究活動を行なっている。好奇心が旺盛なので、多趣味かつあらゆることに中途半端なスキルを持つ。ピアノをそこそこ弾ける。ギターは少しだけ弾ける。パーカッション演奏(パンデイロというマニアック楽器)が好きだか、披露できるほどではない。ボウリングはごくまれに150点を超える。ハーフマラソンを時間制限ギリギリで完走できる。編み物(レース編み)が出来、人にプレゼントできるくらいの作品は作れる(売り物にはならない)。スノーボードを初心者に教えられるくらいには滑ることができる。ポケモントレーナーレベルが34。この性格が研究にも活きて?おり、放射線計測に関わることならなんでも興味を持って取り組む。最近は放射線計測分野に機械学習を取り組むことを熱心に行なっている。

 

【日時】

令和元年8月2日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

「第67 回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

大気中のCO2濃度は増え続け、気候変動が激しさを増しています。
自宅にソーラーパネルを設置してCO2を出さない発電で環境に貢献するのも一つの手ですが、
劇的に「環境にいい」エネルギーを増やすには数々のハードルがあります。インフラやコストの面から
今後どうすればいいのか、今回は、水素関連技術を中心に未来のエネルギー構築について考えます!

【講師】

立川 雄也 助教 

【講師プロフィール】   

九州大学で数値解析を学んで、水素技術の普及に必要 なインフラ関連の研究を継続中。研究も飲み会も猪突 猛進。毎日一歩一歩着実に進めるよう健康に気を使い つつ、好きなお酒を飲む日々です。熊本県生まれの奈 良・兵庫育ちで大学から九州人になりました。関西弁 はもうしゃべれません。 

 

 

【日時】

令和元年6月28日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

「第66 回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

 

可憐な美しさを見せる線香花火は、江戸時代に始まり現代でも親しまれています。

では、なぜ花火が飛ぶのでしょう?そして、なぜ枝分かれするのでしょう?考えてみると不思議です。

今回は、線香花火に潜む最先端の科学を解き明かします!

 

【講師】

井上 智博 准教授

【講師プロフィール】

1980年福岡県生まれ。航空機や宇宙機に搭載するエン ジンの研究を行いながら、花火も研究しています。 2012年に線香花火の研究に取り組んでから、各地の花 火職人との交流を通じて、すっかり花火に魅せられて います。最近、線香花火に潜む4世紀の謎を解き明かし ました。今年の夏、花火をじっくり楽しむきっかけに なれば幸いです。

【日時】

平成31年5月17日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

「第65 回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

  

スピログラフというおもちゃ(100円~)を使って 多種多様な曲線を描くことができます。

バラ曲線はその一種です。用いる円盤と穴の場所から どんな曲線が描けるか予想できますか? 実際の植物の花びらの数はフィボナッチ数になっていることが 多いと言われています。今回は、スピログラフで思った通りの 花を描く方法について、数学を使って考えてみます! 

 

  【講師】

富安 亮子 准教授 

【講師プロフィール】

経歴:東京大学数理科学研究科(学生)~高エネルギー 加速器研究機構(ポスドク)~山形大学准教授(数学

に戻る)。大学入学はインターネット黎明期の1990年 代。専門は数理結晶学と整数論。福岡県北九州市出身。 ときどき家庭内で異分野連携を実施。 

 

【日時】

平成31年4月19日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

「第64回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

心がどういうものか知りたいと思うと、

精神世界を眺めたり、脳との関係を考えたりしがちです。

ですが、身体は心とは関わっていないのでしょうか。

もちろん、身体は表情やしぐさなどによって心を外に提示する

出力デバイスとしての側面を持ちます。

今回は、その反対に心が身体によって形作られる

場合についてお話しします。またそれを元に、

 

心理学のこれからについてみなさんと考えたいと思います。

【講師】

山田 祐樹 准教授

 

【講師プロフィール】

福岡県大牟田市出身の犬好き。西日本も好きなので広島大学,九州大学,山口大学を歴訪して認知心理学を学びました。光と闇の街・大牟田で生まれ育った私は,いつしか人間の心にやどる光と闇(特に闇の方)にも一方ならぬ関心を寄せつつ心の赴くままに生きていたら,幸いにも心理学に出会えました。趣味はビジネスホテルの大浴場探訪。小さい頃の特技は気象予測と日本舞踊。好きな音楽はHIPHOPです。

【日時】

平成31年3月2日(土) 17:30〜19:00(17:15開場)

*日程が通常と異なりますのでご注意ください。

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

無料

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【申し込み方法】

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

「第63回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

これまでの診断・治療はお医者さんが患者さんをその目で見て

行ってきました。一方で、手術で治療しきれない病気もあれば、

患部を見つけられても薬が効かせられない場合もあります。

そのような時、お医者さんが直接身体の中に入って、

検査や治療ができたら良いのに、と思うことはないでしょうか。

近年、ナノテクノロジーを駆使して

それを少しでも実現するための研究が進んでいます。

今回は、ナノテクノロジーで診断・治療する技術について迫ります!

【講師】

岸村 顕広 准教授

 

【講師プロフィール】

生まれも育ちも神奈川県の横浜。横浜市立日吉台小学校卒業(今年創

立145周年)。当時、理科教育に熱く取り組む教師と出会い、科学者

(特に化学者)となることを目指す。その後、東京大学大学院工学研

究院を卒業し、分子を基盤とするナノテクノロジーの基礎を身につけ、

さらに同大学院で助教として医学・薬学などの生命科学分野での取り

組みを開始。その後、九州大学工学研究院に着任、現在に至る。以前は、自転車ツーリング、映画鑑賞、居酒屋で飲むことなどが趣味だったが、現在は、主に2児の父として奮闘する日々を過ごしている。また、昨年より日本学術会議若手アカデミーの代表も務め、社会との関わりの重要性をあらためて認識している。

【日時】

平成31年1月25日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【申し込み方法】

 こちらのフォームよりお申し込みください。

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

「第62回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

私たちの世界は3次元空間で、4次元以上の高次元空間は
アニメや映画などのフィクションにだけ現れる空想上のもの、
と考えるのが普通です。でも、この私たちの目の前の世界が
本当に3次元だと確実に言い切れるのでしょうか?
4次元目や5次元目の空間が存在している可能性はないのでしょうか?
今回は、素粒子物理学の視点から、高次元空間が実在する可能性に迫ります!

 

【講師】

小島 健太郎 准教授

 

【講師プロフィール

東京都生まれ、佐賀県育ち。九州大学理学部物理学科、同大学院を経て、九州大学の教員に着任。現在に至る。主な 専門分野は素粒子物理学の理論的研究。その他、物理教育 研究、学習科学、教育工学などの研究にも取り組んでいます。

最近はスポーツカイトに夢中になっていて、

                      良い風の休日はたいてい海沿いのどこかで練習してます。 

【日時】

平成30年12月14日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【申し込み方法】

こちらのフォームよりお申し込みください。

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

「第61回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

 

「酒蔵で飲んだときとは、何か違う気がする・・・」と、晩酌中に感じたことはないでしょうか。

それは、酒蔵のちょっといい雰囲気のためだけではありません。

日本酒のなかでは絶えず様々な化学反応がおきていて、香り成分も変化します。

そして、残念ながら好ましくない香り(老香;ひねか)ができてしまうこともあるのです。

もし、老香だけを除くことができたなら?

今回は、そんな願いを叶えてくれるナノテクノロジーを紹介します!

【講師】

村山 美乃 准教授

九州大学大学院理学研究院化学部門

 

【講師プロフィール

東京生まれ、東京育ち。学位取得後は、愛知、フランス、兵庫、東京、京都と各地の研究所や大学をめぐり、3年前に福岡に来ました。自他共に認める食いしん坊、お酒も大好きで、福岡の食を満喫しています。ただ、最近は二日酔いという強敵に負けるようになったことが悩みのタネです。金属ナノ粒子を作りはじめてから、早いもので約15年が経ちました。

専門は日本酒ではなくて、個体触媒です。

 

【日時】

平成30年11月16日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【申し込み方法】

こちらのフォームよりお申し込みください。

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909

 

「第60回サイエンスカフェ@ふくおか」開催のお知らせ

 

ロボット」というワードがよく知られるようになって久しいですが、 今のロボットは何がどこまでできるようになったのでしょうか? そして近年、「知能」というワードもよく聞きますが、 ロボットの知能とは何でしょうか? また、ロボットは人間に近づけるでしょうか? そのためには何が必要でしょうか? 今回は、身体を持つ人間に宿る知能と、人工物としてのロボットが 目指す知能との比較をしながら、身体と知能の深い関係に迫ります! 

 

【講師】

田原 健二 准教授

九州大学大学院工学研究院機械工学部門 

 

 

【講師プロフィール】

広島県北部生まれ。父親の趣味に問答無用で引きずり込まれ日々、抵抗やコンデンサに囲まれ小学校から半田ごてを握り、

中学でアマチュア無線免許を強制的に取らされる。その後、

自動車にはまって機械工学を専攻し、勉強もせず車やバイクいじりに明け暮れていたが、研究室配属時に

ロボットという言葉に惹きつけられ、ふらふらっとロボットの研究室に入る。そこで運命の師匠と出会い、

そのままハマって現在に至る。広島~関西~名古屋~福岡~スイス~アメリカと渡り歩き、方言が混ざりまくってもはや何人か不明 。

 

【日時】

平成30年10月19日(金) 19:00〜21:00(18:45開場)

 

【会場】

BIZCOLI交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82電気ビル共創館3F)

 

【参加費】

500円

 

【定員】

40名(定員になり次第締め切り)

 

【対象】

みなさま ※特に知識など必要ありません。気軽にご参加ください。

 

【主催】

公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI

 

【企画】

サイエンスパークふくおか

 

【後援】

福岡県

 

【申し込み方法】

こちらのフォームよりお申し込みください。

 

【お問い合わせ先】

九州経済調査協会・BIZCOLI担当 瀬口・杉本

TEL : 092-721-4909